松ぼっくり白化実験


本日、予約投稿となりマス。
コメント帰りましたらいたしまするm(__)m

***********************


みなさん。

よくお花屋さんや材料屋さんで白い松ぼっくりを見かけたことはないかね?

普通のより結構お高いんだよ。


横目で見つつ単純に「ハイターで漂白したんだろ」と思ってたワケですよ。



今年の大雪で、JJが折れた松の枝からむしり取ってきた新品の松ぼっくり。

『白くしてみよう』実験開始。



まずはキッチンハイターを1/2希釈で数時間放置。
液体は茶色くなったが見た目あまり変化ナシ。

こんちくしょうと次は原液にチョクで漬けて一晩放置。



       おーみーごーとー!


image05


後は太陽に当てて綺麗に開かせるのだー!

綺麗に・・・キレイ・・・に・・・





開いたが・・・茶色く色が出てきた。。。
松やに、おそるべし。

image06


美しかった白色、見る影もナシ…見事なベージュと化した。

image07



***************************

きっと特殊な薬品を使っているのだなぁ。。。
ポチしていただけたら嬉しいデス
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています
スポンサーサイト

くるカラの下準備

どうも、暑さとやや体調不良気味で使い物にならなかったのたりんです。
ちょっと復活したので更新~!


人気者(?)、くるカラの土台ができるまで。

のたりんバージョンでお送りしマス。(写真多め~)


まずはクルミを頑張って割ります。
鬼胡桃は小さめで硬く、カラの色がややまだらだったりします。
カリフォルニア胡桃は大きくてカラが柔らかいので割りやすいですが、
そのぶんカラが薄いです。色は割と綺麗ですね。
信濃(信州)胡桃、申し分のない大きさで何より中身が美味しいですw
のたりん一番のお気に入りです。
が、カラが硬く、割るのがちょっと大変。そしてさすがmade in japan、お高い…


はい、綺麗に割れました。
私は普通のカッターとペンチで割ってます。(トンカチだとヘヴィすぎる)
専用の道具がなくても慣れれば綺麗に割れマスよ!
中身をほじほじほじ…中身はお菓子やパンに入れて焼いたり。
のたりん家では炒って塩振ってツマミにしますw

image01


薄皮などできるだけ綺麗に中を掃除しました。
でも、割った時の縁がギザギザしていますね。

image02


ヤスリでギザギザを取り、なめらかに。

image03


今度はちょっぴり漂白剤を入れた水につけ、外側と内側の汚れを
ブラシなどで取り除きます。
その後、陰干しします。
間違えても直射日光で乾かしてはイケマセン!!
ヒビ割れでしまうので注意しましょう!
↓乾いたモノ。うっすら白っぽくなってるのがわかるでしょーか。

image04


気休めですが、私は内側に虫よけにニスを塗っています。
そしてまた陰干し。(not直射日光)

出来上がり。
万全を期すには、防虫効果や防腐効果のあるステインなどを
塗りこんでもいいと思いマス。

image05


後はお好きなように~~
ちなみに羊毛フェルトを入れる場合、白かそれに近い色が
リバティ生地の色が綺麗に出るような気がします。
(私はイエローベージュみたいな色が定番です)

image07



「変なふうに割れちゃっても大丈夫だょ!ボクのベッドになるんだ!」
image06


******************************

初めてやったけど説明するのって難しいなぁ~(^-^;
「わかったよ」「わかんねーよ」のポチをば一つお願いしまする。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 布物・布小物へ
にほんブログ村
ランキングに参加しています