英国リバティの帆布

半ケチのレポ希望ありがとうございます~(*^ω^*)
しばし先になりますが、お願いする際には改めて記事UPいたしまする<(_ _)>


さてさて、先日、英国リバティの帆布、というものを入手しました。

image01


ミリーです。
でも、日本ではコレは帆布とは言わない・・・のでは・・・
シーチングとオックスの中間くらいの厚みです。
糸に撚りがかかっているようなので、ツイルっぽいし???


image02



そういえば、ずいぶん前、同じことがあったなぁと思い出した。
フェリシテだったけど。
やっぱりこういう素材だったよ。

英国ではこういうのを「帆布」と言っているのだろうか・・・?

可愛いから全然良いんだけど(笑
生地幅多いからお得感もあるし(*'∀'人)

何を作ろうかな~~♪



*****************************

まぁ何だかんだ言って形になるのは先だがのぅ・・・
ひとつポチっとお願いしまする(*'∀'人)
   ↓

にほんブログ村



スポンサーサイト
コメント

No title

英国リバティの帆布って、織り方や質感が違うんだね。
ツイルっぽいのなら、洋服も作れる感じ?!
芯を貼るほどじゃないけど、ほんの少ししっかり感が欲しいな~という時に使いやすそうな素材かも(^^)


No title

英国・・・本場なのに・・・

どうしてタナローンも手触りイマイチだし
帆布もこう・・・。

リバティ社どうなっているのかw。

でもその柄可愛いですよね♫
たしかイギリスのキャサリン妃がお好きな柄です♡

コロコロさま

そうそう、長さがあれば、作れちゃう感じYO!
こういうのが一般的に「帆布」って言われてるのかしらね。
でも、厚さ的に使いやすいと思うわ。
シッカリ感が欲しい時は接着芯を貼ればいいし^^
何にせよ、ミリー可愛いので良し!なのだわ(*'∀'人)

nao5さま

www!タナローンはどうなの、って言う感じよね~!
何かガサガサしてるし、そちらは日本製の方が好きだわぁ~
印刷ズレもすごいし(笑

そうなんだ、ミリー、キャサリン妃がお好きなのね(*・艸・*)
今回購入した青い方は、ロイヤルブルーっぽい感じです^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する